iOS 14、iPad OS14、watch OS 6が明日配信!ただしすぐアプデしないで!【対応機種や特徴など】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iOS 14
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleは9月16日2時に行われたイベントで、iOS 14、iPadOS 14、watch OS 6が明日配信予定と発表しました。発表会は米国時間では9月15日のため、日本時間では17日リリースとなる可能性があります。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iOS 14、iPadOS 14、Watch OS 6のアップデート対応機種・特徴

iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7のアップデート対応機種

アップデート対応機種は以下の通り。

  • iPhone 6siPhone SE以降の全てのiPhone
  • iPod touch(第7世代)
  • iPad Pro 12.9インチ全て
  • iPad Pro 11インチ全て
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad(第5世代)以降のiPad
  • iPad mini 4、mini(第5世代)
  • iPad Air 2、iPad Air(第3世代)以降のiPad
  • Apple Watch Series 3以降のApple Watch

iOS 14、iPadOS 14の特徴



iOS 14ではホーム画面に待望のウィジェットの配置が可能になりました。

さらに、アプリの使用頻度をもとに選ばれたウィジェットをスマートスタックとして追加でき、適切なタイミングで適切なウィジェットが自動で表示させることが出来ます。

他にもアプリをカテゴリごとに分類してくれる新しいAppライブラリ、翻訳アプリなどが追加されています。

iPadOS 14も基本的には同じようなアップデート内容となっており、加えてさらにiPadに特化したUIにリニューアルされています。

watch OS 7の特徴

watchOS 7では文字盤がこれまで以上にカスタマイズしやすくなりました。

フィットネスにも新しく4つのワークアウトが登場。ダンス、機能的筋力トレーニング、コアトレーニング、そしてワークアウト後のクールダウンが追加されています。

さらに手洗いの自動検出など、タイムリーな機能も搭載。20秒間しっかり手洗いするよう促してくれる機能です。

ウィジェット機能の追加は超ありがたい!ただしゲームプレイヤーなどは注意


iOS 14にこれまでAndroidにしかなかったウィジェット機能が追加されるのはありがたいですね!iPadOS、watchOS 7もさらに使いやすくアップグレードされたようです。

ただしアップデートには注意が必要。まだ対応していないアプリが数多くあるため、アップデートすると一部アプリが起動できないなど不具合が出る可能性もあります。

特にゲームプレイヤーは要注意です。かならずゲームの公式アカウントの告知などをチェックしてからアップデートするようにしましょう。

画像はAppleより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました